体の柔軟性を身につける

サッカーの試合中に自分のボールを思ったとおりに扱う能力を身につけるためには、ボールマスタリーの練習が必要です。試合中のボールをあやつるには、足首・膝・またの関節を柔軟に使いこなすことがとても重要です。たとえば、自分のボールを足の裏で引くとき足首が垂直になっていて、次にボールをインステップで前に出そうと、足首を水平にして、つま先を地面の方へ向けます。この足首の曲げ伸ばしが、とても柔軟性を身につける動きとなっています。細かい動作ですが、確実に柔軟性を身につけるように何回も何回も練習をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です