ウィップ

ウィップは、ボールが足にくっつくような巧みなタッチになります。ウィップとは、むちを意味しており、足首をムチのようにしならせて行うボールのタッチになります。やりかたを説明いたします。

右足のアウトサイドで外にボールを押し出します。ボールをなめるように、つま先をすべらせてから右足インサイドでカットします。左足のアウトサイドで外側にボールを押し出します。ボールをなめるように、つま先をすべらせて右足のインサイドでカットします。

アウトサイドのタッチが強すぎると、次のインサイドタッチができないので注意しましょう。練習するときは、足首をしなかやに使って、地面に足をつけずにできるようにしましょう。これができるようになると、世界の有名な選手のように、ドリブルで相手をほんろうすることができるプレーヤーになることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です